パパ活アプリpatersでヤれるか評価→サクラはいないが条件ありが前提です(ヽ´ω`)

paters(ペイターズ)〜理想のパパ探しができるSNS〜

評価★ ★ (2.0)

価格 無料(月額制)
運営 SK GROUP CO.,LTD.
ジャンル パパ活

ポイント

  • パパ活専用アプリです
  • 大手は撤退したグレー領域でも堂々と運営
  • 料金も女たちの自意識も高すぎるわい
不景気による貧困女子の増加で、困った女子にお金を渡して遊ぶ「パパ活」が流行っているのは知ってるか?

これは富裕層のアングラ的な話ではなく、シュガーダディというパパ活専門サイトまであるほど、今では一般的になっている行為だ。

参考:シュガーダディでセフレ作りは可能!?パパ活専門サイトでうまく立ち回る!

そして今回レビューする「paters(ペイターズ)」も、そんな専門アプリなのだ。

しかしこのアプリ…どうにも怪しさが漂っている。

まず、運営会社の情報がほぼ出てこない。

アプリのデベロッパ名はSKグループとなっているが、特商法の表示では販売元業者は株式会社patersと記載されている。

ならばとその会社名でググっても、ホームページもなく、法人登記情報だけはあったものの、代表者名が特商法の表記と違っている始末。

名前からしてこのアプリの運営のためだけに作られた会社のようだが…。

現在、運営は株式会社amicaと変わっているが、代表者は同じく日高亜由美氏なので、事業売却などではなさそうだ。

さらに代表の顔出しインタビュー記事もあったり、ダーティなイメージは影を潜めている。

しかしそもそもパパ活はグレーゾーンで、大手の出会い系でもNGとしているところは多い。

果たしてこのpatersは出会えるのか…

ガチ登録して確かめていこう。

※女性向けのパパ活記事はこちら↓

【女子向け特集】稼ぎたい金額別!パパ活アプリの選び方

登録は電話番号が必要

会員登録は電話番号が必須だ。

生年月日、性別、居住地、ニックネームを入力し、電話番号を確認すれば初期登録は完了となる。

登録を終えたら、プロフの写真や自己紹介を追加していく。

patersは子持ちでもウェルカムだ。

以前あった「結婚」という項目はなくなっていたので、さすがに既婚者はおおっぴらにOKというワケにはいかなくなったんだろう。

使い方は「いいね」を押し合うのみ

プロフの準備が終わったら、さっそくパパとして活動開始だ!

「さがす」画面から検索して、いい子がいたら「いいね!」を押す。

押された相手は「ありがとう」「スキップ」を選ぶこととなり、前者の場合はマッチング成立で、メッセージ交換が可能になる。

使い方はコレだけだ。

女子からも「いいね!」が送られてくるので、それにこちらが「ありがとう」を返すことでもマッチングとなる。

検索条件はけっこう細かいとこまで指定できるぞ。

居住地は当たりまえにしても、最終ログインや登録日3日以内あたりも設定しておくと、「いいね」無駄打ちが減るからオススメだぞ。

patersの料金はなかなか高い

だがしかし、マッチングしたところでメッセージを送れるのは有料会員だけ。

パパ活では女の子にお金を払うのに、アプリにもお金を払うとはなんか釈然としないが、それも渡世の定め。

甘んじて受け入れるしかない。

料金は月額制で、そのお値段はなんと…

月10,800円(税込)!!!

さらにアプリストアの公式決済だとさらに料金は上乗せドンッだ。

12ヶ月プランだともう少し安くなるけど、パパ活アプリにそんな長期間登録してもしょうがないだろ。

まぁ囲う女を毎月入れ替えたいってなら話は別だけども…(そんなヤツいるか!?)。

また、「いいね」も無制限に送れるわけじゃなく、足りなくなったらポイントを購入する必要がある。

退会方法はお問合わせから

ここで辞めたくなった場合の退会のやり方についてお話していこう。

 

patersの退会フローは、手順は長くないものの、入口が分かりにくい。

退会という項目がなく、設定のお問い合わせから進めていくという形式だ。

手順は下記の通り。

  1. 設定
  2. お問い合わせ
  3. カテゴリで「退会」を選ぶ
  4. 手続き画面から進めていく

有料課金した人は、忘れずにStoreの定期購入も解除しておくんだぞ。

マッチはするしメッセージも来る…が

さて、ここからが本番。

patersに課金するほどの価値があるのか、実際に見極めていくぞ。

まず、女性会員とのマッチングはけっこうひんぱんに起きる。

それどころか、女性からのいいねも来るし、メッセージだってばんばん送ってくる。

まるで自分がモテ男になったようでいい気分だなぁ…

って、あれ…この感覚…なんかアレを思い出す…

そう、悪徳サクラ出会い系。

まさかこいつら、全員サクラなのか…?

しかし、そうとも限らないのがパパ活という特別な状況。

基本的には圧倒的不利な出会い系の男子会員だが、この界隈だけは女子からアプローチが集まっても不自然ではない。

なんとpatersでは1日で14人とマッチングし、半分の女性からメッセージが送られてきた、これはすごい。

だがメッセージはやる気のないテンプレ文章。

う~ん…。

とはいえ、リアルなピチピチギャルからこんなにアプローチがくるのは、なかなか爽快ですぞ。

条件あり前提のアプリです

サクラじゃないと思ったのは、リアルすぎる欲望を丸出しにしていたからだ。

まずこの女、デートだけで1万からとか書いておいて、高額請求したりしないとか言っている。

相手に触れるのすらNGで、諭吉の価値をナメていると言わざるをえないな。

今度は18歳の小娘が、メシに付き合うだけで1万5,000円よこせとか言い張っている。

(゚Д゚)ハァ?

ガキはガストでチーズインハンバーグでも食ってろボケ!

プロフで長々と条件を書き連ねる女はたいがい地雷だが、パパ活アプリでも同じで…

若くてルックス好みなら有料でヤッてやっても良いとか…

お前が金払え!!!

結局このアプリは何なのか、総括するような女がこちら。

ヤラせないけど金くれ!美味い飯食わせろ!

という醜い醜い乞食たちの欲望が渦巻く地獄みたいな場所、それがパパ活アプリってわけだ。

(男の性欲もひどいだろって?(∩゚д゚)アーアーキコエナイ)

さすがに現在は、金額を堂々と書くようなモロなパパ活女子は見当たらなかった。

しかし、基本的には「条件あり」の出会いだし、それを分かった上で使うべきアプリだな。

管理人がモテモテだったのは異性としての魅力ではなく、P活女子の営業メールというわけだ。

だがお金を払ってでもモデル級の女子とイチャイチャしたい!というなら全然アリだと思うぞ!

paters公式アプリはこちら

まぁストライクゾーンが激広い管理人は、優良出会い系でエッチな女とタダマンするけどな…。

・【出会い系で脱童貞した男が語る】本当にセックスできるアプリ6選

同じ思いのメンズたちは、上の記事を参考にしてくれよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA