パパット(papatto)を1万円課金して評価→パパ活ビッチとノーギャラでヤレ…!?

papatto(パパット)-理想のパパ活ができるSNS

評価★ ★ ★ (3.0)

価格 無料(月額制) 更新日 2018年4月23日
運営Lock Free Works Inc. ジャンル パパ活

ポイント

  • 大手が及び腰なパパ活市場に堂々参入
  • ランキング上位に躍り出て一気に知名度Up
  • タダマンは難しいが援交目的ならアリ

金も地位も名誉もない中年ブサメンでおなじみのケツオ@管理人が、出会いアプリ「papatto(パパット)」をレビューしていくぞい。

2018年3月にリリースされたアプリで、アプリ名やストア説明欄に堂々「パパ活できる」と謳っており、他社が援交の温床になりかねないと及び腰のなか、

「売春幇助?なにそれ美味しいの?」

とばかりにガン無視した潔さがすごい。

iPhoneのみ対応で今のところAndroid版は無いが、Appstoreのソーシャルネットワークジャンルでランキングトップ10入りを果たし、界隈では今一番ホットなアプリだ!

その注目度は抜群で、Twitterに生息するp活女子勢もザワついている。

…ぶっちゃけ管理人は、こういうセミプロ売春婦みたいな連中はキライだ。

だが…

だからこそ、金なんて一銭も払わず、キラキラ系港区女子のマンマンにこの薄汚いチンポをぶち込んでやったら…

めっちゃ気持ちいいと思わんか?

普段は

「オッサンはパーソナルスペースに入ってくるだけで不快。まして口説くなんてありえないデショ。は?エッチしたい?はいセクハラで死刑ね。」

くらいに言ってる生意気な小娘を、ベッドの上で濡れ濡れにしてヒィヒィ言わせる…

おっと危ない。

小生の息子がパパっと勃起してしまいましたぞ(暗黒微笑)

ということで今回のテーマは

パパ活アプリをフリーセックス(無銭性行為)目的で評価する

に決めたった!

パパ活アプリで普通にパパ活してもつまらんからね。

こういうゲスな命題を追い求めていってこそのスマパコでしょ(笑)

完全ユーザー目線、裏を返せば運営やP活女子にゼロ配慮でお送りしてくので、くれぐれも通報行為は辞めてくれよ( ^ω^)

(今回はリアルに10,000円課金してるので、有料級の情報をお届けできている自負があるっ!)

それじゃあガチな評価レポート、書いていくぞ~。

運営会社を評価:☆☆☆☆

まずはアプリの中身の前に、大元の運営会社から調べていこう。

ここが悪徳サクラサイト運営体だったり、中身のない架空法人、そして触るのもヤバイ反社系だったりしたら、その時点で完全OUTだからな。

papattoの運営元は「株式会社ロックフリーワークス」で、設立は2013年3月21日、コンテンツ系のWebサービスを開発している会社だ。

従業員は5名で、オフィスは東京都荒川区西日暮里に構えていて、ストリートビューで見るとそんなにキレイなビルではないな(失礼)

しかしホームページの内容や、代表取締役のTwitterウォンテッドリーインタビュー記事を見ると、少なくともサクラ詐欺はしていないだろうということが分かる。

どう考えても社長の顔出すぎだからな(笑)

それにpapatto以外にも事業があるようなので、サクラ詐欺で丸ごと信用を無くすようなことはしないだろう。

監査の入る上場企業ほどではないが、信用に足る運営会社だと言えるので、評価は☆☆☆☆だ。(五段階評価)

使い方・不具合を評価:☆☆☆

次は使い勝手や動作の安定性を評価していくぞ。

あまりにも動作が重かったり、無茶苦茶なユーザーインターフェースだったりすると、いくら出会えても使うだけでストレスがマッハで溜まっていくからな。

軽視しちゃいけないポイントだ。

まず登録方法からだが、恋活アプリでありがちなFacebookアカウントでの登録の他に、独自IDを設定する方法も用意されている。

セキリティだけを考えるならFBアカウント必須にしたほうがいいんだが、最近の若い子たちはフェイスブックやってない子も多いので、懸命な判断だろう。

パパットIDでの登録フローも面倒なことはなく、性別や住所、ニックネームなど必要最低限の情報だけで完了する。

さらにプロフ画像や自由文での自己紹介、職業や年収などの詳細プロフィールも後から設定できるので、本格利用の前には設定しておこう。

全部埋めると100いいねポイント(10回分)がもらえるぞ。

また、自己紹介文の中にラインIDや連絡先を書くのは禁止されていて、まぁ無課金でLINE交換されたらたまたもんじゃないから当然だろう。

さて、papattoで出会うための方法についてだが、これはシンプルで分かりやすい。

基本的には好みの女性を探して、「いいね」を送りマッチングを待つだけだ。

もしくは女性から「いいね」が来たら「ありがとう」を返すことでもマッチングとなる。

普通の出会い系アプリと違うのは、papattoは女子側からのいいねも結構くるってことだな。

(相手もお金を求めているので当たり前っちゃ当たり前なんだが…)

無事マッチングしたら、即メッセージが送れるようになる…が、それは1通目だけ。

年齢認証と有料会員登録を行わないうちは、LINEのIDも送れないし、相手からのメッセージも見れないのだ。

好みの女性を見つけるのは「さがす」ページから行う

ここでは検索条件に合うユーザー、新着ユーザー、ログイン中のユーザーが並んでいる。

ちょっと驚いたのは、新着ユーザーがガンガン更新されていくこと。

さすがランキング上位、どんどん新しい女性が入会してきているんだな。

検索条件としては、年齢や居住地、身長や体型などがあり、他にはログイン順や登録順での並び替えも可能だ。

使い方はこんな感じで、ほぼ迷うこともなく直感的に操作できて、動作も軽快。

登録フローもほどほどの長さで、Facebook無しでも登録可能。

不具合というほどではないが、たまに検索かけるとアプリが落ちてしまうことがあったので、それがマイナスポイントかな。

誰でも快適に利用できるUIはGoodだが、動作の安定性だけもうちょっと改善してほしく、評価は☆☆☆だ。

料金を評価:☆

続いて料金プランをみていこう。

まず、メッセージ交換が可能になる有料会員の月額費用を表にまとめてみた。

papatto料金表
契約期間 価格
 1ヶ月  10,000円
 3ヶ月  24,800円
(月8,267円)
 6ヶ月  42,800円
(月7,133円)
 12ヶ月  64,800円
(月5,400円)

最短の1ヶ月プランだと月10,000円、最長の12ヶ月プランだと月5,400円と、半額近く安くなるわけだな。

これはとってもお得だぁ~!

えっ?!

そもそも1ヶ月の料金が高すぎじゃね!?!?!?

ペアーズOmiaiとかの恋活アプリの月額料金は月3,000円~4,000円が相場だぜ?

デーティングアプリのDine東カレデートはちょっと高めだけど、それでも月6,500円

パパ活サイトのシュガーダディにいたっては月4,980円だからな。

(すべて1ヶ月プランの料金ね)

ていうかこれ、パパ活アプリのペイターズ同じ料金設定なんだね。

運営が意識してるのか、はたまた繋がっているのかは知らないけど、パパ活アプリの相場が跳ね上がっていて、管理人は驚きを隠せないよ。

…気を取り直して続きに行こう。

いいねポイントが足りなくなったら100ptで1,400円から追加購入もできる。

だいたい1回のいいねで140円かかるってことだな。

なるほど…。

もう何も言うまい。

料金の評価は☆だ。

安全性を評価:☆☆☆

アプリが合法に運営されているかどうか、プライバシーが守られているかどうか、運営はアプリ内をちゃんとチェックしているかどうか、その辺りをみていこう。

まず、国内で出会いサービスを行うにあたって絶対に必須な「インターネット異性紹介事業の届け出」だが…

これはちゃんと済ませていた。

しかし届出だけでは合法とはいえず、出会い系規制法では年齢認証の機能が無いとダメなんだが…

これもちゃんとあった。

免許証、パスポート、保険証の画像送信で行うのだが、年齢と発行元さえわかればOKで、名前や顔写真は必須じゃない。

かなり厳しいとこ以外はこの形式なので問題はないのだが、なりすまし登録もできなくはない。

利用規約を見てみると、援助交際・売春・買春の勧誘行為は明確に禁じられていた。

パパ活はその範囲には入らないのか…?

うーむ、ここらへんはグレーゾーンである。

プライバシーポリシーもチェックしたが、怪しいところやおかしいところは無かった。

(悪徳サイトはしれっとスパム配信に同意させてたり、他のサイトとの同時登録を認めさせてたりするからな)

また、公式サイトのWhoisを見ると、アプリのリリースは2018年3月だが、ドメイン取得日は2017年10月31日となっていた。

この公式サイトのスマホ用ページでは「iOSアプリでも配信しています」とあるので、もしかしたら最初はアプリではなくサイト形式での展開を考えていたのだろうか。

しかし現在はiPhoneアプリのみで、Androidはアプリもなくブラウザでの登録もできないので、入会不可となっている。

Google先生はパパ活反対派なのかもしれないな。

法律は遵守されており、援デリや誘導業者も今のところ見かけないが、いかんせん主テーマの「パパ活」自体がグレーゾーンすぎるので、評価は☆☆☆とした。

退会方法を評価:☆☆

辞めたくなったとき場合の退会方法について評価した。

退会フローは、ユーザーにとっては短ければ短いほどいいのだが、運営にとっては簡単に辞めてもらいなくないので長くなりがちだ。

これでどこまでユーザー目線で開発しているのかが分かるぞ。

papattoの退会フローは次の通り。

  1. マイページの右上の歯車マーク
  2. 設定ページ下部の「お問い合わせ」
  3. お問い合わせカテゴリで「退会する」を選ぶ
  4. 退会理由を記入し「送信する」ボタンをクリック

以上だ。

…ぶっちゃけ、クソフローだな。

お問い合わせから退会手続きさせるのは、ユーザビリティ的には最悪だ。

普通、退会したいときにお問い合わせから進んでいくと思うか?

こっちは辞めたいだけで、なにか運営に聞きたいことがあるわけじゃないんだぞ?

登録者数を減らしたくない一心なんだろうが、評価は低く☆☆だ。

一応、ヘルプページのよくある質問のとこで退会方法を詳しく説明しているので、星2つに留めておいた。

ついでに、クリックする場所の画像も置いておくので、わからなくなったら確認してみてくれ。

フリーセックスできるか評価:☆

それではラスト、これこそが当記事の本丸、すべての評価をひっくり返す圧倒的重要ポイントっ…

「フリーセックスが可能なのか」

を実践評価していくぞ!

これを評価するには、実際に女子とメッセージのやり取りをしなくてはいけない。

だがしかし、有料会員にならないと女子からのメールは見れないし、送れるメッセージも1通だけ。

てなわけで…

課金しましたよ、10,000円。

タダマン1回すれば元は取れるよね(゚∀゚)アヒャ

さっそくガンガン凸撃!

したいのだが…やはりpapattoはパパ活アプリ。

誘導業者や援デリ業者はいないが、そろいもそろってお金目当てのパパ活女子ばかりだ。

管理人が「お、かわええやん!」と思ってプロフィールを開くと、ことごとくアレだったので、ちょっと見ていってほしい。

貯金を頑張りたい?

堅実でよろしいけど、なんでわざわざプロフィールに書く必要があるのかな?かな?

ボクにはわからないや。

楽しくお話して食事をしたその先に、肉体関係って生まれるものじゃないかな?

はじめから求めるとか求めないとか言ってる時点で、なんか違くないかな?

明らかに援助交際www

ホ別2.5www

運営仕事しろwww

…と半分くらいがこんな感じで、取り付く島もないというのが現状だ。

もう半分はプロフは普通だが、マッチングしていざメッセージを送ってみると…

ぜ、全然ダメだ…

その後も頑張って

「まずはお金とかではなく、普通にデートしたいんですけど」

というようなメッセージをシコシコ送りつけてたんだが、みんな「それはちょっと…」と難色を示すか、完全にシカト。

ある女なんて

「ここはパパ活アプリなんで、そういうのは迷惑です。他行ってやってください。」

とまで言われてしまった。

管理人は悔しくて悔しくて…

いつのまにかピシマを開いて新規の女の子を漁っていた←

初めからこうしてればよかった。

どうして俺はあんなに無駄な時間と金を使ってたんだろう。

みんなもはやくこっち来いよ!

ピシマにはパパ活馬鹿女もいないし最高だぜ!

参考:PCMAXのアプリ優良すぎィと評判→オッサンが凸した結果ε=┏(^o^)┛

というわけで、フリーセックスの夢は脆くも崩れ去ってしまったので、評価は☆だ。

とはいえpapattoが最悪のアプリというわけではなく、パパになりたい富裕層メンズならリアルにオススメできるアプリだぞ。

ストアのランキングから流入してきた、まだスれてないパパ活志望者が多数いたので、ウブな素人系が好きな人にはたまらんと思う。

管理人のフトコロ事情じゃ、メシ代は割り勘、ホテルの休憩だけは男持ちくらいが関の山なので、まったく不要なアプリだったけどな!

あー…

10,000円どっかに落ちてねえかなーーーー!!!!!!!

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。