おえかきライブの出会い攻略法をガチ評価【らくがきライブ代替】

おえかきライブ

評価★ ★ ★ (3.0)

価格 無料 更新日 2018年6月9日
運営Tuclicks inc. ジャンル チャット系

ポイント

  • 手書きチャットで自由にやり取り
  • LINEのIDだって送れるが…
  • 相手の性別は選べないので根気が必要

らくがきライブの代わりとしてユーザー数を伸ばしてきたちゃっかり者アプリ「おえかきライブ」を管理人がガチレビューだ!

らくがきライブとは、2013年ごろ手書きチャットでガチ会えるとして人気を博したアプリだが、2016年4月に惜しまれながら閉鎖してしまった。

しかし、いつの時代も二匹目のドジョウを狙う連中はいるものだ。

行き場を失ったユーザーが右往左往している中、丸パクリ偶然にもよく似ているアプリ、おえかきライブが彗星のごとく登場した。

全盛期のらくがきライブ熱はすさまじく、チャットする相手はわんさかいて、ゆるい会話からリアル出会いまで楽しめる懐の深いアプリだった。

果たしてこのおえかきライブは、元祖を超えられるのか、それとも質の悪い模造品なのか…

そして落書きみたいな顔の中年おっさんがギャルと出会えるのかどうか…!

らくがき時代の攻略法を試してみて、その実力を検証していくぞ。

運営はツクリックス

運営は株式会社ツクリックスという大分県のスマホアプリ制作会社で、代表取締役は田子森 聡氏、資本金は2,000万円だ。

オフィスはRIZAPやゼクシィ、4℃なども入っている立派なビルだ。

他に開発したアプリとして、tabiori 旅のしおり2chまとめハローワーク、ネクタイの結び方、POZZ音声チャットなどがある。

このラインナップ…

儲かっているんだろうか…。

らくがきライブはサーバー代で大赤字らしいし…

オフィス賃料もけっこうしそうだし…

ま、そんなことは管理人が心配することでもないけどな。

ちなみにらくがきライブ運営の株式会社テクノードとはいっさい関係がない(らしい)。

登録はダウンロードするだけでOK

登録フローは、ダウンロードするだけだ

開くとまず使い方のチュートリアルが出てくるが、その後はすぐに使えてしまう。

この「接続開始」ボタンを押してしまえば、もう普通にらくがきチャットが楽しめるのだ。

だが、出会い目的で使うのなら、設定画面から詳しくプロフ登録しておくべきだ。

顔写真はガチ出会い厨感がでるのでともかく、ユーザー名、性別、年齢、エリアは必須だ。

自己紹介も、出会い系のように長々と書くんじゃなく、ひとことふたことで十分、というか詳しく書きすぎるとこれまた引かれるからな。

しかし残念ながら、運営は出会い目的の利用は禁止して…

即出会い…?

即…?

時間をかけて仲良くなれば出会いOKってことかな???

そもそも出会いNGと多くのSNSアプリやチャットアプリが規定してるのは、出会い系規制法の網から逃れるためだ。

そのために最も効果的なのは、異性交際目的の利用を出来ないようにする、つまり性別入力欄を無くすのが早いんだが、おえかきライブはそれをしていない。

つまり…出会い厨ユーザーを集客するため、あえて出会う余地を残してるんじゃないかと邪推してしまうな。

ま、俺たちユーザー側からしてみれば、運営がタイーホされようがしったこっちゃないし、かわい子ちゃんと会うために創意工夫していくだけだな。

また、機種変更などのときのため、Twitter、Facebook、LINEのアカウントと紐付けることもできる。

即会いで使うなら不要だけど、中で友だちが増えてきたらこうやってアカウント保全に努めることも大事だな。

使い方は2パターン

おえかきライブはらくがきチャットで遊ぶアプリだが、その使い方は大きく分けて二通り。

  • 見知らぬ相手と楽しむ
  • すでにいる友だちと楽しむ

この2パターンだ。

見知らぬ相手と楽しむには、そのまま「接続開始」を押せばOKだ。

「検索キーワード」で目的別の相手を探すこともできる…

とあるが、実際はデフォルトのキーワード「おえかき」以外だとほぼマッチングしない。

「おすすめキーワード」の無意味さはヤバイぞ。

そして2つ目、「友だちリスト」から相手を選びチャットする方法だ。

友だちコーナー?どこそれ?

と思うだろうが、実は右上のカモメマークから確認できるのだ。

まさかここをクリックするとは思えない、背景に完全に溶け込んだこのカモメだ。

最初は公式アカウントだけだが、チャット中画面の右上に出る人マークをクリックすることで、友だちに追加できるぞ。

どんなタイミングで友だちになるか迷うかもしれないが、突然ブツっと接続が切れたりするので、ちょっとでも会話成立したら友だち追加してしまおう。

料金は無料だが有料オプションも有り

おえかきライブは基本的に無料で使える。

だが、広告削除や、1日の接続上限を突破するためには課金が必要だ。

広告の永久非表示で2,500円、真珠(接続回数の追加)12個で150円となっている。

ちなみに一日12個が無料で割り当てられていて、たまに木から真珠をゲットできる(広告閲覧で)。

この魚のキャラが持っている真珠の数字が残りの接続可能回数だ。

しかし接続回数の追加はともかく、広告非表示で2,500円とは、いったい誰が払うんだろうと疑問に思うかもしれない。

しかし、女性と会話するためには何度も接続チャレンジしなくちゃいけないんだが、つなぎ直すたびにいちいち広告が表示されてしまう。

これがけっこうウザいので、つい2,500円払いたくなってしまうのだ。

しかしそこまでしてこのアプリで出会いを探したいかというと…?

退会方法は存在しない

おえかきライブに退会方法は…ない!

プロフィールの初期化ならできるので、データを消したいときはこれをすべし。

設定画面から「プロフィールを初期化」をクリックするだけだ。

ま、そもそも接続しないと誰にもプロフを見られることもないから、退会なんて無くてもいいのかもしれないな。

まとめ

では最後に「らくがきライブの攻略法でおえかきライブも会えちゃうのか⁉」を検証していくぞ。

らくがき時代の攻略法とは

「あいさつする→ヒマ?→じゃあLINEしよ→通話→会う」

という単純なものだ。

それを実行しようと思い接続開始したが…

そもそも女子と接続できない!!!

なんどやり直しても出会い厨の男ばかりで、99%が即切りなのだ。

しかし、100回くらいチャレンジして(誇張なしだぞ!)、なんとか管理人は27歳人妻と接続することに成功し、30分近くチャットを楽しんだ。

既婚者のくせに色んな人とプレイしてみたい願望を持つ、イケないドMちゃんだった。

だが結局LINEは聞けず、ついでにセックスについてダメ出しされて終わった。

いったいなんだったんだこの時間は…

(ちょっと楽しかったことは認める)

まとめると、目的が女の子とチャットをして楽しむならすぐにこのアプリは役に立つだろう。

顔写真も何も見れない分、ラクガキエリアに書かれた情報だけで勝負するから、そこには中年もメタボもハゲも何もハンデとはならない

しかし、会うことを目的とした場合、効率的な出会いのアプリであるとは言えない。

まず男率がくっそ高いし、やっと女の子と組めても、その子が18歳以上で会える距離に居て、さらに話が盛り上がってデートの約束まで取り付ける…

となると、確率的にかなり厳しい。

せめて性別と地域だけ絞り込んで繋がれれば違うのだが、現状のままだと暇つぶしが精一杯だ。

くそぅ…

どこかに近場の女子だけ選んでチャットできるアプリはないものか…

|д゚)チラッ

|д゚)…

( ´・ω・)⊃参考PCMAX最新アプリの「アポ待ち」がヤバイと評判→おっさんが即会いゲッチュー!?

|彡サッ

灯台下暗し、けっきょく専門の出会い系アプリがいちばん効率的だったという話だな。

おそまつ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA