匿名アプリのilka(いるか)は出会いに使えるのか!?

つながらないSNS - ilka(いるか)- 完全匿名で投稿できるメッセージアプリ

評価★ ★ (2.0)

価格 無料 更新日 2015年3月4日
運営jakkrokk ジャンル ソーシャル系

ポイント

  • 出会いには全く使えない!
  • でも完全匿名でつぶやくのも面白い!
  • 独り寂しいときはクセになりそう

完全匿名の独り言アプリ

誰にも知られずひとりごとを呟きたい…

でもできれば誰かに共感してもらいたい…

そんな相反するフクザツな気持ちにピッタリなアプリが、今回紹介する「ilka(いるか)」なのだ。

このアプリはTwitterのように140文字以内でつぶやいていくんだけど、ポイントは完全匿名で誰がどれをつぶやいたかが分からないというところ。

「何を言ったか」ではなく「誰が言ったか」に価値が重きを置かれる現代SNSにおいて、その書かれている内容だけがシンプルに評価されるのは面白い試みだ。

しかし、実際に使っているユーザーがどう利用しているのかは、また別の話。

さっそく確かめるべく、ダウンロードしていくぞ。
ilka1

インストール後即利用可

インストールすると使い方ガイドが出て、それを見ればだいたい分かるようになっている。

ilka4

というか基本的には「自分でつぶやく」「誰かのつぶやきを応援・共感する」だけなので、特にむずかしいことは何もない。

また、SNSとはいってもプロフ設定だとかは全く出来ないようになっているので、匿名性は確実に守られているぞ。

ilka3

タイムライン上に誰かのつぶやきが出てくるので、それに対して応援・共感・スターをつけていく。

これの面白いところはひとりで何度も応援や共感ボタンを押せることだ。

ilka2

なので「ヤバイめっちゃ共感!」となったら何十回も押してその気持ちを伝えることができる。

何気ないつぶやきが評価されるとなかなか嬉しいものだぞ。

アクティブユーザーはけっこう居る

タイムラインに流れてくるつぶやきのほとんどはとてもクダラナイものだが、それでOKな雰囲気がilka内にはある。

つぶやきの内容からするとおそらくメインユーザー層は高校生や中学生あたりだろうな。

さて、実際に使ってみた感想だが、思った以上に応援や共感ボタンが押される

ilka0

時事ネタ、軽い下ネタ、意識高い系のネタといろいろつぶやいてみたが、もっとも動きが良かったのは時事ネタだった。

ただ恐らく最も共感を得られるのは、悩み事相談掲示板にありがちな10代女子の恋のお悩みだろう。

おっさんのオレがそんなつぶやきして共感を得てもむなしいだけなので、やらなかったけど。

しかし当アプリ、個別にチャットやメールに持ち込めないし、そもそもどのアカウントが言ってるかすら分からないので、出会いには使うことはまずムリ!

そこらへんは以前紹介したnanapiのアンサーと同じような感じだ。

正直出会い厨のおっさんが使うにはまったく無価値なアプリなのだが(笑)、若い子の思考をかいま見るにはいいかもしれない。

また、孤独で人に言えない悩みや愚痴を抱えている人も、ここなら誰もあなたを批判しないし、拒絶もしない。

きっと暖かく迎えてくれるだろう。

なので出会いを期待せず、普通に使うだけならおすすめできるアプリということで、今回の記事を締めさせてもらおう。

[キャプチャ] 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA